修学旅行 〜学んで知識を得る旅行〜 〜vol.65



「修学」って言葉を調べると、「学んで知識を得ること」とある。
かれこれ37年前。人生はじめての修学旅行は「伊勢」だった。
当然修学旅行とあって、出発前に班ごとにテーマを掲げて「伊勢」について調べた発表会があった。確かその発表会が父兄参観日だった気がする。
発表用の大きなマップを作り、そこに五十鈴川があった。
その五十鈴川についての発表がボクの担当だった。
発表前夜、母に「あんた本番で読まれへんかったら困るからフリガナふっときや!」と言われた。
大人であれば「五十鈴」ときたら当然「いすず」と答える。
だが小学六年生にしてみれば、まだまだ難しい域の読み方である。
それを察しての母の忠告だったが、これまで何度も何度も調べてきている「五十鈴川」。間違えるはずがないとタカをくくって、母の忠告を聞かずにフリガナをふらなかった。

さて本番の授業参観を迎える。
そしてボクの出番。
五十鈴川の説明に差しかかったところ、突如頭が真っ白になった。
今でも覚えている。あれれ〜と導かれるようにして、頭の中が真っ白に。
これまで何度も何度も口にしてきた「いすず」。
その「いすず」が出てこない。母の呪いかとさえ思える。
ずっと詰まったままでいれば、誰かしら助け舟を出してくれたかもしれないが、咄嗟の判断とはこのことだろう。なんと助け舟を待たずして、ゴニョゴニョと小声で「ごじゅうすずかわ」とごまかしてしまったのだ。場の悪いごまかしであるのは重々。当然担任の耳はごまかせれず、案の定指摘され「いすずがわ」と言いあらためた。家に帰ればこれまた案の定、母からも「アホ!」のひと言をちょうだいした。
赤っ恥の「五十鈴川」だったが、その恥がボクにとっては一生忘れない「五十鈴川」となった訳だ。これぞまさに「修学」である。

DSC01512_blog.jpg

少し話はそれたが、小学6年生にとってアマテラスオオミカミや外宮内宮と言ったところで、それはかなり難しい領域の昔話だ。
色々調べるも、どこかピンとこないクエスチョンだらけだったように思う。
しかし時は経ち、年をとり。
それなりの知識と興味を身につけ、そろそろ半世紀を迎えようとするオジさんともなれば、魅力溢れる「伊勢」なのである。いわゆる「お伊勢さん」なのだ。
小学校の修学旅行で行った「伊勢」。
甚だその偉大さもスケールも何も知らずして行った「伊勢」であっても、” 思い出の修学旅行” という枕詞がつくだけで、懐かしさと特別感みたいなものが付随してくる。
そんな思いで再び訪れる「伊勢」こそが、再びの修学旅行であり、大人の修学旅行ではなかろうか。

少し話はそれたが、小学6年生にとってアマテラスオオミカミや外宮内宮と言ったところで、それはかなり難しい領域の昔話だ。
色々調べるも、どこかピンとこないクエスチョンだらけだったように思う。
しかし時は経ち、年をとり。
それなりの知識と興味を身につけ、そろそろ半世紀を迎えようとするオジさんともなれば、魅力溢れる「伊勢」なのである。いわゆる「お伊勢さん」なのだ。
小学校の修学旅行で行った「伊勢」。
甚だその偉大さもスケールも何も知らずして行った「伊勢」であっても、” 思い出の修学旅行” という枕詞がつくだけで、懐かしさと特別感みたいなものが付随してくる。
そんな思いで再び訪れる「伊勢」こそが、再びの修学旅行であり、大人の修学旅行ではなかろうか。

shugakuryokou_blog.jpg

さて。
週末はウキウキで「箱根」を走り回り、「富士山」を駆けずり回って来た。
若かりし頃に行った「箱根」とは一味も二味も違う。これも年をとったせいなのかもしれないが、名物の「味わい」だけでなく、観光名所そのものの「味わい」を求めはじめたんだろうなぁ。
録画してあったブラタモリの「箱根」の回を何度も見直して、あらためて「箱根」の歴史と魅力を再認識。これまた「修学」。
修学旅行同行撮影という任務であって、なんだかボクにとっても修学旅行。

富士山の次に行った鳴沢氷穴〜青木ヶ原樹海のガイドさんの話は、撮影しながら聞き入ってしまった。何十年もガイドをされているんだろうけど、最後に、、、
「みなさんの中で将来地質学者になられる方がいらっしゃったら、ぜひ私に色々教えてくださいね。まだまだわからないことだらけなんですよ。」と。
素敵な未来への言葉で締めくくってくれる。

DSC01446_blog.jpg

今日こうして樹海を歩いたことが、将来の架け橋とまではいかなくても、「思い出」となった樹海が、大人になり学者となって「修学旅行で行った樹海」となれば、それこそこの上ない修学旅行の成立じゃないか。

甘酒茶屋から箱根の関所。芦ノ湖眺めた後は大涌谷の硫黄の匂いと黒たまご。
彫刻の森で芸術に触れる子もいれば、宮ノ下の足湯でまったりの子もいる。
富士裏庭登山に氷穴に青木ヶ原樹海散策。キャー!ワー!の富士急ハイランド。
今年の修学旅行も無事終了。

子供達が大人になって「修学旅行で行った○○○」と、懐く再び訪れることがあれば、あの頃とは違った修学旅行が楽しめると思う。

DSC00549_blog.jpg

先日「大人の休日倶楽部」が50歳からと知った。
来年じゃないか。。。
何だか「大人の修学旅行倶楽部」の幕開けのような気がする。

なみわい
スポンサーサイト